肝臓の症状と病気の予防
肝臓病 肝臓病 肝臓病 肝臓病 肝臓病 肝臓病
 肝臓 > 種類と原因と治療法 > B型肝炎(ウイルス性肝炎)の診断・治療法 サイトマップ
肝臓病の種類
ウイルス性肝炎主な原因
  [1]急性ウイルス性肝炎
  [2]慢性肝炎

 @A型肝炎診断・治療方法

 AB型肝炎診断・治療法

 BC型肝炎診断・治療方法
       ≫ 感染原因・経路
   ・インターフェロン問題点

 CD型・E型肝炎診断・治療法
   【注意】E型肝炎の劇症化

劇症肝炎

肝硬変診断・治療法

アルコール性肝障害種類
  @ アルコール性脂肪肝
  A アルコール性肝線維症
  B アルコール性肝炎
  C アルコール性肝硬変

脂肪肝診断・治療法
      ≫特徴と原因

薬物性肝障害診断・治療法

自己免疫性肝障害
  @ 自己免疫性肝炎
  A 原発性胆汁性肝硬変

肝ガン診断・治療法


肝臓病の合併症の種類
 ・腎臓病の合併

 ・心臓病の合併

 ・糖尿病の合併

 ・胃・十二指腸潰瘍の合併

 ・胆のうの病気の合併

 ・甲状腺の病気の合併

B型肝炎(ウイルス性肝炎)の診断・治療法

- 肝臓病の種類と原因と治療法

 

B型肝炎(ウイルス性肝炎)の特徴と原因

 B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV:hepatitis B virus)によって起こる肝炎(カンエン)で、主に血液感染(注射や輸血、歯科治療といった医療行為の他、外傷による出血が目など粘膜に触れるなどの感染)します。そして、感染する経路は、大きく分けると「垂直感染」と「水平感染」になります。「垂直感染」は母子感染のことで、出産時にキャリア(ウイルスを持っている人)の母親から子どもに感染してしまうものです。生後3歳までの乳児(一歳に満たない子供)・幼児は、ウイルスを退治する免疫機能(ウイルスや細菌などが体内に侵入した際に、排除して自分の身体を守ろうとする働き)が働かず、そのままB型肝炎ウイルスが体内に居すわり、HBキャリアになります。しかしながら、今現在では、母子感染はワクチンと免疫グロブリンによって防げるようになりました。そのために、HBキャリアになる子どもの数は年々減少しています。
 これに加え、もう一つの感染経路である「水平感染」は、成長の過程、あるいは成人してから、何らかの原因で感染することをいいます。感染経路はおもに輸血、医療従事者の事故、セックスなどですが、このうち輸血による感染は、B型肝炎ウイルスに汚染された血液をふるい分ける方法(これを「スクリーニング」と呼んでおります)が完備されたことにより、近年において減少してきています。今現在、B型肝炎ウイルスを持っている患者さん(HBキャリア)は減少していますが、全国には100万人程度いるといわれています。

  • B型肝炎のキャリア(HBキャリア)のほとんどは出産時の母子感染

  • 【参考】「母子感染(垂直感染)」とは
    :ご周知のとおり出産に出血はつきものなのですが、生まれる際に、赤ちゃんが通る産道で母親の血液に触れるごとによってウイルスに感染することを『母子感染』いと言います。感染者が親から子へと『タテ』に広がっていくことから、「垂直感染(スイチョクカンセン)」と呼ばれることもあります。

 

B型肝炎(ウイルス性肝炎)の症状

 B型肝炎ウイルスを母子感染して体内にウイルスを持っている患者さんは、多くの場合は、何も症状の出ない「無症候性キャリア」になります。成人してからB型肝炎ウイルスに感染すると、急性肝炎を起こします。急性肝炎の場合には、一般に症状は軽く、何も症状が出ない(不顕性感染)まま免疫ができてしまう患者さんが過半数です。
 そして、急性肝炎の初期では、発熱、頭痛、体の倦怠感(ケンタイカン)、関節痛など、風邪(感冒)のときに見られる症状に加えて、食欲不振、吐き気などの消化器症状が現れます。これは、その他の肝炎とほとんど同じです。風邪(感冒)に似た症状が治まりかけてくると、今度は黄疸(オウダン:身体にビリルビンが過剰にあることによって眼球や皮膚といった組織や体液が黄色く染まる状態)が現れます。これに加え、それに先立って、尿の色は紅茶の色のように濃くなり、黄痘が始まるとさらに濃くなります。便の色が白っぽくなることもあります。自覚症状が消え、黄痘が無くなっても、肝臓(カンゾウ)が正常に機能するまでには1〜2か月かかります。

B型肝炎(カンエン)

B型肝炎(ウイルス性肝炎)の診断方法

 B型肝炎の診断は、血液検査で行います。HBs抗原が陽性(ポジティブ)であった場合、現在、B型肝炎ウイルスに感染しているということになります。
 急性B型肝炎の場合では、発症の2か月〜2週間前からHBs抗原が血中に現れ、発症と同時にGOTやGPTが上昇し、HBc抗体が検出されるようになります。特にIgM型のHBc抗体は、数か月間あるいは1年間にわたって、かなり高い値を示します。その後、IgG型のHBc抗体が現れ、数年間存在します。
 これに対して、B型肝炎ウイルスに感染しているが発病していないHBキャリアの患者さんの場合は、IgG型HBc抗体しか検出されません。「HBc抗体が陽性(ポジティブ)である」ということは、現在感染しているか、または過去数年の間に感染したことがあるということを意味しています。これに加え、急性B型肝炎では、HBe抗原やDNAポリメラーゼが、GOTやGPTなどの上昇前に検出されますが、数日間から2〜3か月で消失します。
 そして、HBs抗原は発病から2〜3か月の間で消え、約6か月後、血液中にHBs抗体が現れます。この「抗体(対外から侵入した細菌・ウイルスを攻撃・排除するために免疫によって生成されるタンパク質の一種)」ができれば、B型肝炎は完治したと考えていいでしょう。HBs抗体の出現は、体の中にB型肝炎ウイルスの免疫(ウイルスや細菌などが体内に侵入した際に、排除して自分の身体を守ろうとする働き)ができたことを意味するので、二度とB型肝炎にはかかりません。ちなみに、B型肝炎の予防ワクチンは、血液中にこのHBs抗体を作る目的で接種されるものです。

B型肝炎(ウイルス性肝炎)の治療方法

 A型肝炎と同様に、B型肝炎の治療は、安静に過ごすことが治療の基本です。極期(病気の最も悪い段階)で体が抜けるようにだるくなって、食欲の無い場合には、ブドウ糖中心の点滴を行い、栄養とエネルギーを与えることが必要です。


◆「肝臓病の種類と原因と治療法」のおススめ記事◆
 ・ウイルス性肝炎主な原因
   [1]急性肝炎  [2]慢性肝炎  [3]劇症肝炎
   各肝炎の特徴@A型 AB型 BC型 CD型E型
 ・肝硬変 ・脂肪肝 ・肝ガン ・薬物性肝障害
 ・アルコール性肝障害
   @ アルコール性脂肪肝  A アルコール性肝線維症
   B アルコール性肝炎    C アルコール性肝硬変
 ・自己免疫性肝障害
   @ 自己免疫性肝炎     A 原発性胆汁性肝硬変

◆「肝臓病の合併症の種類」のおススめ記事◆
 ・腎臓病        ・心臓病       ・糖尿病
 ・胃・十二指腸潰瘍 ・胆のうの病気   ・甲状腺の病気

◆肝臓の仕組みと役割の特徴◆
 ・肝臓の位置と形態:右上腹部に位置する人体内の最大の臓器
 ・肝臓の仕組み:集団を形成して肝臓の働きを担う肝細胞
 ・肝臓の働き:働き者の臓器である肝臓の多彩な機能「代謝・解毒・合成」
 ・肝臓の代謝機能:人体が必要とする物質を生成する
 ・肝臓の解毒作用:人体にとって有害な物質を無害化して体外へ
 ・肝臓での胆汁の合成:消化・吸収・排泄に不可欠な『胆汁』の生成
呼吸器・肺機能の症状と病気
 ・咳(せき)と痰(たん)
 ・乾いた咳(痰が絡まない咳)
 ・湿った咳(痰の伴なう咳)
 ・咳失神(せきしっしん)
 ・痰が絡む
 ・黄色い痰(半透明・緑・赤色の痰)
 ・血痰(喫煙者の場合)
 ・息切れ(呼吸困難)
 ・喘鳴(ぜんめい)
 ・いびき

 ・肺ガン 
 ・風邪症候群
   @普通感冒 Aインフルエンザ
   B急性気管支炎
 ・肺炎 ・気管支ぜんそく
 ・間質性肺炎(肺線維症)
 ・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
   @慢性気管支炎 A肺気腫
 ・気管支拡張症
 ・肺結核  ・自然気胸
 ・睡眠時無呼吸症候群
 ・呼吸不全  ・肺塞栓症
 ・肺水腫 ・肺高血圧症

関節・筋肉の症状と病気
@腰や背中の症状の病気
 ・腰が痛い
 ・背中が痛い
 ・背骨が曲がる(姿勢の異常)
A首や肩の症状の病気
 ・首・肩こりが酷い
 ・首・肩が痛い(動かせない)
B上半身・全身の症状の病気
 ・腕が痛い(力が入らない)
 ・手指が痛い(手足が痺れる)
 ・手指がぎこちない
 ・手足が脱力・麻痺する
C下半身・全身の症状の病気
 ・脚が痛い
 ・お尻から脚への放散痛・痺れ
 ・歩きにくい(長く歩けない)
 ・股関節が痛い(歩けない)
 ・骨折しやすい
D膝・膝関節の症状の病気
 ・動くと膝が痛い(可動時痛)
 ・安静時も膝が痛い(安静時痛)

腰椎(腰痛症)の病気

頚椎・胸椎(背骨の首)の病気




関節リウマチ
関節リウマチやリウマチ性疾患に関連した病気の自覚症状や診断方法・最新の治療方法をまとめた医療サイト
koshiitai.com/rd

虫歯・歯周病
歯が痛む・歯がしみるなどの症状から、虫歯・歯周病などの原因・治療法などを解説した医療サイト
hagaita.com

股関節の痛み
変形性股関節症やヘルニアなど、股関節の痛みが生じる病気や診断法・治療法を説明する医療サイト
koshiitai.com/kokan

喘息(ゼンソク)
喘息(ゼンソク)に関して、発作などの対策や予防法・治療法を解説した医療サイト
sekitann.com/zensoku

禁煙の対策
タバコ(喫煙)の害に関しての情報や禁煙の方法、コツや各種の病気に与える悪影響などを解説した医療サイト
sekitann.com/kinen

甲状腺の病気
甲状腺の機能異常(バセドウ病や橋本病、甲状腺のガンなど)の各種診断法や治療法、主要な症状、豆知識などをまとめた医療サイト
koujousen.net

胃十二指腸潰瘍
胃潰瘍や十二指腸潰瘍、その他の消化性の疾患などの各種診断法や治療法、主要な症状、豆知識などをまとめた医療サイト
nodoita.com

めまいの悩み
メニエール病や血圧性の疾患など、目眩(メマイ)を引き起こす病気の特徴や原因、診断方法や治療法などを解説した、耳鼻科や脳外科に渡った医療情報まとめサイト
nannchou.com/memai

本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ inserted by FC2 system