肝臓の症状と病気の予防
肝臓病 肝臓病 肝臓病 肝臓病 肝臓病 肝臓病
 肝臓 > 種類と原因と治療法 > C型肝炎(ウイルス性肝炎):近年ようやく感染防止が可能に サイトマップ
肝臓病の種類
ウイルス性肝炎主な原因
  [1]急性ウイルス性肝炎
  [2]慢性肝炎

 @A型肝炎診断・治療方法

 AB型肝炎診断・治療法

 BC型肝炎診断・治療方法
       ≫ 感染原因・経路
   ・インターフェロン問題点

 CD型・E型肝炎診断・治療法
   【注意】E型肝炎の劇症化

劇症肝炎

肝硬変診断・治療法

アルコール性肝障害種類
  @ アルコール性脂肪肝
  A アルコール性肝線維症
  B アルコール性肝炎
  C アルコール性肝硬変

脂肪肝診断・治療法
      ≫特徴と原因

薬物性肝障害診断・治療法

自己免疫性肝障害
  @ 自己免疫性肝炎
  A 原発性胆汁性肝硬変

肝ガン診断・治療法


肝臓病の合併症の種類
 ・腎臓病の合併

 ・心臓病の合併

 ・糖尿病の合併

 ・胃・十二指腸潰瘍の合併

 ・胆のうの病気の合併

 ・甲状腺の病気の合併

C型肝炎(ウイルス性肝炎):近年ようやく感染防止が可能に

- 肝臓病の種類と原因と治療法

 

C型肝炎(ウイルス性肝炎):近年ようやく感染防止が可能に

 ごく最近まで、C型肝炎は謎の肝炎でした。しかしながら、C型肝炎ウイルスの発見で感染の防止が可能となり、輸血や血液製剤による感染は減少しています。

C型肝炎の予防

輸血による肝炎はほとんどがC型肝炎だった

 血液感染(注射や輸血、歯科治療といった医療行為の他、外傷による出血が目など粘膜に触れるなどの感染)をするB型肝炎ウイルスが発見されたとき、これで輸血による肝炎(カンエン)は無くなると思われました。しかしながら、B型肝炎ウイルスに感染している血液をふるい分けても、輸血による肝炎はあまり減りませんでした。そのため、B型肝炎以外にも血液を介して感染するウイルスが存在することがわかったわけです。そのウイルスは、A型でもB型でもないことから、「非A非B型肝炎ウイルス」と呼ばれていました。C型肝炎ウイルスは、1988年にアメリカのカイロン社によって発見されたものですが、それまで「非A非B型ウイルス」とされていたものの大部分は、このC型肝炎ウイルスであることがようやく判明したのです。

  • 【参考】「血液製剤」とは
    :血液中に含まれているたんぱく質(アルブミン、グロプリン)を抽出・精製して作るもので、アルブミン製剤やグロブリン製剤などのことを指しています。
  • 【参考】「A型肝炎ウイルス」とは
    :A型肝炎ウイルス(HAV:hepatitis A virus)は小さな球形のウイルスで、直径は約30ナノメートル(1ナノメートルは100万分の1ミリメートル)。小児麻痺(マヒ)を起こすポリオウイルスと同じ仲間で、ともにRNA(リボ核酸)ウイルスです。「A型肝炎(ウイルス性肝炎)
  • 【参考】「B型肝炎ウイルス」とは
    :B型肝炎ウイルス(HBV:Hepatitis B Virus)は、直径約40ナノメートルの球形ウイルスです(1ナノメートルは100万分の1ミリメートル)。外側の表面部分はHBs抗原、芯にあたる部分はHBc抗原とHBe抗原という二重惰造になっているのが特徴です。「B型肝炎(ウイルス性肝炎)

C型肝炎(カンエン)

C型肝炎(ウイルス性肝炎)の特徴と原因

 C型肝炎は、C型肝炎ウイルス(HCV:hepatitis C virus)に感染することによって起こります。このC型肝炎ウイルスは、以前から存在はわかっていながら実態がなかなか実態をつかめなかったもので、従前は「非A非B型肝炎」と呼ばれていました。C型肝炎ウイルスは、近年になって、A型でもB型でもないウイルスの中から発見されたものです。
 C型肝炎ウイルスは、B型と同様に、血液感染(注射や輸血、歯科治療といった医療行為の他、外傷による出血が目など粘膜に触れるなどの感染)します。しかしながら、このウイルスの感染力はB型肝炎ウイルスより弱いので、母子感染や性交などからの感染は少なく、ほとんどは輸血によるものです。「輸血後肝炎」は、肝炎ウイルスに感染している血液を輸血して起こる肝炎(カンエン)ですが、この輸血後肝炎の約95パーセントをC型肝炎が占めていました。しかしながら、輸血用血液のC型肝炎ウイルスのチェックが行われるようになって以来、輸血による感染は減少してきております。

  • 【参考】「母子感染(垂直感染)」とは
    :ご周知のとおり出産に出血はつきものなのですが、生まれる際に、赤ちゃんが通る産道で母親の血液に触れるごとによってウイルスに感染することを『母子感染』いと言います。感染者が親から子へと『タテ』に広がっていくことから、「垂直感染(スイチョクカンセン)」と呼ばれることもあります。


≫次の記事「C型肝炎の感染原因・経路:感染力が弱く日常生活では感染しない」へ

◆「肝臓病の種類と原因と治療法」のおススめ記事◆
 ・ウイルス性肝炎主な原因
   [1]急性肝炎  [2]慢性肝炎  [3]劇症肝炎
   各肝炎の特徴@A型 AB型 BC型 CD型E型
 ・肝硬変 ・脂肪肝 ・肝ガン ・薬物性肝障害
 ・アルコール性肝障害
   @ アルコール性脂肪肝  A アルコール性肝線維症
   B アルコール性肝炎    C アルコール性肝硬変
 ・自己免疫性肝障害
   @ 自己免疫性肝炎     A 原発性胆汁性肝硬変

◆「肝臓病の合併症の種類」のおススめ記事◆
 ・腎臓病        ・心臓病       ・糖尿病
 ・胃・十二指腸潰瘍 ・胆のうの病気   ・甲状腺の病気

◆肝臓の仕組みと役割の特徴◆
 ・肝臓の位置と形態:右上腹部に位置する人体内の最大の臓器
 ・肝臓の仕組み:集団を形成して肝臓の働きを担う肝細胞
 ・肝臓の働き:働き者の臓器である肝臓の多彩な機能「代謝・解毒・合成」
 ・肝臓の代謝機能:人体が必要とする物質を生成する
 ・肝臓の解毒作用:人体にとって有害な物質を無害化して体外へ
 ・肝臓での胆汁の合成:消化・吸収・排泄に不可欠な『胆汁』の生成
呼吸器・肺機能の症状と病気
 ・咳(せき)と痰(たん)
 ・乾いた咳(痰が絡まない咳)
 ・湿った咳(痰の伴なう咳)
 ・咳失神(せきしっしん)
 ・痰が絡む
 ・黄色い痰(半透明・緑・赤色の痰)
 ・血痰(喫煙者の場合)
 ・息切れ(呼吸困難)
 ・喘鳴(ぜんめい)
 ・いびき

 ・肺ガン 
 ・風邪症候群
   @普通感冒 Aインフルエンザ
   B急性気管支炎
 ・肺炎 ・気管支ぜんそく
 ・間質性肺炎(肺線維症)
 ・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
   @慢性気管支炎 A肺気腫
 ・気管支拡張症
 ・肺結核  ・自然気胸
 ・睡眠時無呼吸症候群
 ・呼吸不全  ・肺塞栓症
 ・肺水腫 ・肺高血圧症

関節・筋肉の症状と病気
@腰や背中の症状の病気
 ・腰が痛い
 ・背中が痛い
 ・背骨が曲がる(姿勢の異常)
A首や肩の症状の病気
 ・首・肩こりが酷い
 ・首・肩が痛い(動かせない)
B上半身・全身の症状の病気
 ・腕が痛い(力が入らない)
 ・手指が痛い(手足が痺れる)
 ・手指がぎこちない
 ・手足が脱力・麻痺する
C下半身・全身の症状の病気
 ・脚が痛い
 ・お尻から脚への放散痛・痺れ
 ・歩きにくい(長く歩けない)
 ・股関節が痛い(歩けない)
 ・骨折しやすい
D膝・膝関節の症状の病気
 ・動くと膝が痛い(可動時痛)
 ・安静時も膝が痛い(安静時痛)

腰椎(腰痛症)の病気

頚椎・胸椎(背骨の首)の病気




関節リウマチ
関節リウマチやリウマチ性疾患に関連した病気の自覚症状や診断方法・最新の治療方法をまとめた医療サイト
koshiitai.com/rd

虫歯・歯周病
歯が痛む・歯がしみるなどの症状から、虫歯・歯周病などの原因・治療法などを解説した医療サイト
hagaita.com

股関節の痛み
変形性股関節症やヘルニアなど、股関節の痛みが生じる病気や診断法・治療法を説明する医療サイト
koshiitai.com/kokan

喘息(ゼンソク)
喘息(ゼンソク)に関して、発作などの対策や予防法・治療法を解説した医療サイト
sekitann.com/zensoku

禁煙の対策
タバコ(喫煙)の害に関しての情報や禁煙の方法、コツや各種の病気に与える悪影響などを解説した医療サイト
sekitann.com/kinen

甲状腺の病気
甲状腺の機能異常(バセドウ病や橋本病、甲状腺のガンなど)の各種診断法や治療法、主要な症状、豆知識などをまとめた医療サイト
koujousen.net

胃十二指腸潰瘍
胃潰瘍や十二指腸潰瘍、その他の消化性の疾患などの各種診断法や治療法、主要な症状、豆知識などをまとめた医療サイト
nodoita.com

めまいの悩み
メニエール病や血圧性の疾患など、目眩(メマイ)を引き起こす病気の特徴や原因、診断方法や治療法などを解説した、耳鼻科や脳外科に渡った医療情報まとめサイト
nannchou.com/memai

本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ inserted by FC2 system